あけましておめでとうございます。富山のばあちゃんjunjunです。

もう 今日は1月5日ですね。日がたつのがはやい・・・お正月はどのように過ごされましたか? 私は、東京から富山に遊びにきた親戚と ふらりと富山の【世界遺産】『五箇山 合掌造り』までドライブに行ってきました。

そこで今日は、ドライブを思い出しながら 『五箇山 合掌造り』レビュ~と今後のイベント情報や体験スポットをご紹介したいと思います。

 

五箇山まで ドライブに行ったのは 2日です。富山に来た親戚が 夕方には北陸新幹線に乗り東京に帰る ということだったので 高岡駅から一時間ぐらいで行ける場所を探していました。子供なし 大人5人でのドライブです。大人5人のドライブなんて 久しぶりでした。

五箇山までなら高岡駅からだと車で一時間ほどで行ける距離です。もう少し足を延ばせば、観光地化した白川郷にまで行けるのですが 時間もあまりないしということで五箇山へと向かいました。

富山では、今年はあまり雪がふらないと思ってましたが 五箇山まで行くとかなり雪が積もっていてびっくり

可愛い♡ 雪でつくったくまちゃんです。可愛くお出迎えしてくれました。一応 長靴を車に入れもってきてよかったです。ちなに 長靴の貸し出しもしてました。観光客は ちらほらという感じで静かです。

スポンサードリンク

富山県にある五箇山相倉合掌造り集落は【世界遺産】に登録されている

富山県にある五箇山  ここが世界遺産に登録されているところです。

五箇山には「相倉合掌造り集落」「菅沼合掌造り集落」があります。

最初に立ち寄ったのが「相倉合掌造り集落」です。こちらには民宿や相倉民俗館と相倉伝統産業館があります。

 

世界遺産見学の皆様へとの看板が

相倉集落は一般の観光地とは違い住民の生活の場です。合掌造りの家屋では人々が生活をしています。合掌造りの集落の保存と地域の生活を守るため以下のことをまもってください。と マナー・注意書きが書かれています。

実際にここで生活されている方が いるところなんだとおもいながら 歩いていくとすぐに相倉民俗館があり 中に入ることに。

ここって写真撮っちゃきっとダメなとこだよねぇ~と1人で思ってました。・・・

中に入ろうと長靴を脱いでいると 横から相倉民俗館のスタッフの方が 『写真撮っていいですよぉぉ~』『動画もいいですよぉぉ~』と言われ

やったぁぁ~♡写真おっけいなんだ ♡ 早速中の写真、撮らせてもらいました。

中にはいっていくと 囲炉裏があり まるで 日本昔話の世界に行ったみたいです。

相倉民俗館の囲炉裏に集まり 写真をぱちり・・♡ 東京生まれで東京育ちの親戚はと生まれは富山で現在は東京で暮らしている親戚 2人が

『なんだか癒されるぅ~  いいねぇぇ~』

と 静かな富山の世界遺産・日本昔話の世界を満喫しているようでしたよ。笑

 

昔ながらの生活用具が置いてありました。踊りに用いる独特な楽器 『ささら』 もいくつかおいてあり 『ささら』 をもって親戚の一人が踊っておりました。笑

帰り際に ばっちり ビデオでスタッフさんに見られていたようで 『踊りお上手でしたね』 と微笑んでおられました。笑

二階にも行けましたよ。昔はここでカイコが育てられていたのだとか・・・

ワラの屋根の中をみて不思議でした。釘などはつかわれてないんです。ワラなのに雨漏りもしないらしく・・不思議です。

茶屋まつやさんで 五箇山豆腐とお蕎麦 お土産

 

お昼には 茶店のまつやさんでおいしいお蕎麦と五箇山豆腐をいただきました。五箇山豆腐は、固めの豆腐だと思っていましたが食べてみると・・

 ん??やわらかい・・・ そんなに固くない食感で意外でした。

雪に囲まれた合掌造りをながめながら温かいお蕎麦を食べるのは、ほっこり気分でよいものですよ。昔、子供のころ こたつに頭まで 入ってみかんを食べていたことを懐かしく思い出しました。笑

こきりこ節 ささらがお土産で

【富山県五箇山に伝わり、こきりこ節で踊りにも使用される伝統楽器。108枚の檜が煩悩を打ち払います。】ささら

あたたかなおそばと五箇山豆腐をいただいたあとは まつやさんでお土産も見て回りました。

五箇山は民謡の宝庫として知られ、「こきりこ」「麦屋節」「といちんさん」などの民謡がうたい踊りつがれているところです。お土産に こきりこ節で つかわれる楽器 ささら の小さくしたものなども売られてましたよ。ささらは108枚の檜板で作られています。だから、こんな形。ささらを 踊りながら打ち鳴らすことで「煩悩を打祓う」のだとか・・。

♪はぁぁれの サンサも デレレコデン~♪ と小学校のときに、こきりこ節を 踊った記憶があります。富山県人の私には、耳なれた こきりこ節なのですが 歌詞の意味は いまだ ぜんぜんわかりません。

『こきりこ祭り』 国重文 白山宮にて毎年9月25日、26日開催。

 

とちの実が昔懐かしい味だった

 

とちの実煎餅

お土産ではかわいい雑貨ほか昔懐かしい味のとちの実煎餅や玉ねぎのおかしなど からだにやさしくやさしいお菓子が味見みることもできましたよ。お菓子も昔ながらのもので いいですねぇぇ~♡

→茶店 まつや♡

 

世界遺産菅沼合掌造り集落

菅沼展望広場駐車場に車を止めてエレベーターに乗って下に行きます。2分ぐらい歩くと菅沼合掌造り集落です。ちなみに500円の駐車料金でした。

駐車料金の内訳には 300円が保存協力金となってましたよ。

 


お食事・お土産のお店 五平餅がおいしい♡
→あらい
天ぷら・お蕎麦やお豆腐料理が食べれます。
→食事と土産 与八
おいしいスイーツとおいしいコーヒーのお店です。
→茶房 掌
越中富山やくぜんサイダーや五箇山豆腐などのお土産が売ってますよ。
→お土産 かっぱ
郷土料理が合掌造りの中で食べれるお店です。
→五箇山の合掌造りで食事が出来る吾郎平

 

菅沼合掌造り集落

火薬の原料となる塩硝 塩硝の製造工程を人形や影絵等で紹介されているところです。

→塩硝の館
五箇山民俗館には山村生活の知恵が生かされた生活用具約200点が収集・展示されています。
→五箇山 民俗館

 

 

四季の五箇山 雪明り 幻想的なライトアップ情報

毎年、世界遺産菅沼合掌造り集落では2月上旬の土・日曜日駐車場付近の五箇山合掌の里では四季の五箇山雪明りというイベントが行われライトアップされ幻想的な世界になります。

去年のツイッターの画像ですが ↓画像だけでもすごくないですかぁ~?

世界遺産菅沼合掌造り集落では2月上旬の土・日曜日駐車場付近の五箇山合掌の里では、ライトアップのイベントが開催されています。五箇山ならではの手打ちそばや岩魚の塩焼きなども販売されます。五箇山を満喫することができるでしょう。。ライトアップで幻想的に雪に囲まれた合掌造り家屋が浮かび上がってます。

→四季の五箇山「雪あかり」菅沼ライトアップ

【日時】  2019年 2月2日(土)・3日(日) 日没から20時まで

【場 所】 南砺市菅沼、世界文化遺産「菅沼合掌造り集落」

【催し物】 ライトアップ及び集落内で五箇山民謡披露

【料金】 ライトアップ協力金:マイカー11,000円(税込)

詳しくは、四季の五箇山実行委員会にお問い合わせください。

 

 

 

道の駅 たいらでは手すき和紙が体験できる

五箇山和紙は八尾町、朝日町で生産されている和紙とともに「越中和紙」として、 国の伝統的工芸品となってます。そんな五箇山和紙を作る 手すきが 道の駅たいらで体験できるんです。約、20分ぐらいで 手すき和紙やはがき、うちわを作ることができます。

 

→道の駅たいら 五箇山和紙の里

 

富山の静かな【世界遺産】の五箇山 合掌造りは 大人におすすめ

「相倉合掌造り集落」住所 富山県南砺市相倉

「菅沼合掌造り集落」住所 〒939-1973 富山県南砺市菅沼134

高岡駅から車で一時間ほどで行ける 富山の静かな【世界遺産】『五箇山 合掌造り』をご紹介しました。

東京から来た親戚も『一時間 車で走ったらこんなとこがあるのねぇぇ~』

と感動しておりました。そして なんだか癒されたわぁぁ~ と言っておりました。白川郷までは 行けなくって少し残念でしたが 五箇山の静かな雰囲気を喜んでもらいよかったです。ゆっくり落ち着いた大人の観光・お正月となりました。大人・シニア世代におすすめの場所ですよ。

→日本の世界遺産を訪ねて 【じゃらん】

→五箇山の宿・ホテル・旅館【るるぶ】

 

【JTB】<新幹線で行く | 3日間> 五箇山ツアー

◆ブログランキングに参加してます♪◆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 高岡情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク