富山の桜も満開になってきました。

春になるとなにか新しいことを初めてみたくなりませんかぁ~?

そんな時に、誘われたのが和のお稽古・新舞踊です。

最近、『万葉集』や『梅』『大伴家持』などの言葉をよく耳にするせいなのか 日本の良き時代、良きもの、あでやかな和の物が気になりだしました。

ということで早速、見学しに行くことにしました。

お稽古場に行くと なんと! 今月、4月21日には藤森 美行さん、平こういちさんらが特別出演での発表会もあるのだとか。練習にも気合がはいってました!

 

今回は、着物でのお稽古 新舞踊の練習風景と富山の高岡文化ホールでの発表会の詳細についてご紹介したいと思います。



スポンサードリンク

和の習い事【新舞踊】

着物を着てあでやかに・・・。扇子がくるくる回り綺麗です!!

富山の高岡に教室のある、新舞踊 【舞 mai】に、和のお稽古を見に行きました。

講師は、(株)クラウン邦楽舞踊協会指導員 艶さん

ジャズダンス・ベリーダンス・そして新舞踊も華麗に踊られます。舞踊は、奥が深く終わりがないのだとか。でもそこが舞踊の楽しさなのだとか。

目線、動き、ちょっとした角度でまったく違う踊りになります。

なにかを感じ取ってもらえる踊り、『心で踊る』ことを大切にしていきたいとのこと。

新舞踊は、初心者でも年齢に関係なく気軽に初められ 数カ月もすれば身のこなしも見違えるよう変わるのだそう。

そして、和の踊り、魅力を是非知ってほしいとのこと。

着物でのお稽古姿が、華やかです。

練習風景を見ていると しぐさが、柔らかです。見とれてしまいます。

 

 

着物の魅力

皆さんにお話しを聞くと お稽古も楽しいけど着物を着るのも楽しいのだとか。週に一度のお稽古に着物を着て女子力がアップする感じがよいのだそう。

デニムをはいているときとは気分も違うそうです。

 

お稽古の前には、着物の着付から始まります。自分で着物を着てしまうのです!! おどろき!

聞くところによると、初心者でも一か月もあれは゛自分で着れるようになるのだとか・・・。そして、踊りも慣れだそうです。なるほど・・・。

そして、会社の帰りにお稽古に直行する方もいて、着物を着て帯を締めると気分がリセットされ女らしい自分になれるのだとか。

 

皆さんの着物姿・踊りをみると 素敵で、着物ってやっぱりいいなと改めて思いました。

 

新舞踊とは

歌謡舞踊の振り付けは、日本舞踊がベースとなっているそうです。それを現代の演歌や歌謡曲・ポップス、洋楽に乗せて踊るのが新舞踊なのだとか。

気軽に舞踊ならではの華やかさと日本を感じることができます。日本舞踊となると ちょっと敷居が高い感じがしますが新舞踊は気軽に始められそうです。

そして、男踊りと女踊りがあるそうです。今日は女踊りの練習風景ですが、袴を履いての男踊りは、キリッと身が引き締まる気分になるのだとか。男踊りも見てみたいものです。

そして、今回の発表会では ベリーダンスと和の踊り新舞踊のコラボを発表されます。・・。どんなパーフォーマンスなのか楽しみです。

 

新舞踊 発表会【うしお新舞踊研究会】

2019年4月21日には、高岡文化ホールで発表会があります。藤森 美行さん、平こういちさん、高岡民謡連合保存会の方、前沢民謡会の方々が特別出演。

今回の発表会は、一部、二部、三部まで。華やかな着物姿の踊りが見られます。

見どころは、ゴールデンショー。平こういちさんと藤森美由行さんによる唄に合わせて舞踊が披露されるのだとか。

うしお新舞踊踊研究会の会主である大野 潮さんと『舞・mai』の講師 艶さんとのコラボ。

そして、二部では、『舞・mai』によるベリーダンスと和の踊りのコラボも楽しみです。

 

お問い合わせは、うしお新舞舞踊研究会二十周年記念発表会事務局

富山県高岡市長江 51 電話 0766-24-4866 までお願いします。

 

今回は、新舞踊をご紹介させていただきました。この春あなたも なにか新しいことを始めたり見学しに行ったりしてみませんか?

ではでは♡



 

舞踊のお稽古⇒♡

 

◆ブログランキングに参加してます♪◆

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 高岡情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク